49歳から人生を咲かせたい

歳の差なんて怖くない

私は50歳を過ぎてから、すごく歳の離れた友達がたくさんできました。

心理学を一緒に学んだ仲間と友達になったということが大きいと思いますが、なかには、私が産んでもおかしくないくらい歳が離れている人もいます。
でも、お母さん代わりでもなんでもない、れっきとした(表現が変ですね。笑)友達です。

日常にあった出来事を話すこともできるし、心の中のことを話すこともあるし、困ったときには助けてと言うこともできます。

「なんでそんなに歳が離れた友達と普通につきあえるの?」と聞かれることがよくありますし、友達以外でも、恋愛や仕事においても、自分の年齢をどうとらえるか?というのは、ハードルに感じる方もいるかもしれないので、これから時々、シリーズ化して書いてみたいと思っています。

私の「おやびん」

私には「おやびん」がいます。笑

カウンセリングサービスでは、プロのカウンセラーになってからも、先輩カウンセラーの下で勉強できるシステムがあります。

私は森川陽介カウンセラーの門下生です。

普段は「陽ちゃん」と呼んでいますが、私が弟子入りしたことで、ご本人から「おやびんと呼んでくれ」と言われましたので(笑)、素直にそう呼ぶことにしました。

何度聞いても正確な年齢を忘れてしまうのですが(汗)、私より20歳くらい若いです。

おやびんはこのブログの私の写真を撮ってくれましたし、何か相談すれば応えてくれますし、勉強会もしてくれます。

8年前、私が心理学の母校である神戸メンタルサービスのカウンセラー養成コースに入学した頃、陽ちゃんは私の3か月くらい前に入学していました。

ほぼ同期だったにも関わらず、陽ちゃんはすごい勢いで前進し続け、さっさと卒業してプロへの規定もクリアし、すでに5年も前からプロカウンセラーとして大活躍しています。

私が入学した当時の陽ちゃんは長髪をお団子ヘアにしていて、写真家でもあるので、とってもアーティストな感じでした。

私は当時、自分のことを「悩めるおじさんぽい女サラリーマン」だと自認していたので、最初はまったく接点を感じなかったのですが、一緒に心の勉強をしているうちに、共通点や共感できることがいくつもあることに気が付いて仲良くなっていきました。

実は、先日書いた「ちょっとした普通の奇跡」に出てきて、私に大きな気づきをくれた友達というのは、森川夫妻のことです。

陽ちゃんは人の良いところを見つけるのがとても上手で、いつも明るくイキイキとしているのですが、なぜか彼の周りでは「なぜそうなる?!」と思うような、不思議な面白いことがたくさん巻き起こります。

そして面白いのに実はとても繊細で感覚が鋭いです。

もし、陽ちゃんに嘘をついたとしても、きっと直感的に見抜いてしまうだろうなと思いますが、わかってもこちらの気持ちを考えてそっとしておいてくれるくらい優しいです。

陽ちゃんから男性心理を学んで「そうか!そうだったのか!」と知ったことがたくさんあります。
こちらの立場になって教えてくれるので、とてもわかりやすく、ストンと腑に落ちるのです。

陽ちゃんがおやびんであっても決して上から私に何かを言ったりしないように、私も歳上であっても上から何か言おうと思ったことはありません。
上から何か言えるようなこともないし…(汗)というのが真相ですが。

おやびんの妻もまた私の友達

おやびんにはこれ以上のベストパートナーはいないと思える奥さんがいます。
森川茜カウンセラーです。

私と一緒におやびんの門下生でもあります。
おやびんより少し年下なので(また何歳か忘れている)、私とはさらに歳の差ですが、彼女もまた私の友達です。

普段は「茜」と呼び捨てにしたりしますが、何かお願いしたいときは「茜ちゃん」になります。笑

彼女は私より3か月くらい後にカウンセラー養成コースに入学してきました。
入学してきて、セミナールームに陽ちゃんと2人で並んで座っているのを見たとき、2人がそっくりに見えてびっくりしたのを憶えています。

顔が似ているわけでもないのに、何よりたたずまいが似ていました。
茜も長い髪をお団子にして、とてもボーイッシュな感じで、やっぱりアーティストっぽく見えました。

ご夫婦は似ると言いますが、この当時は2人がそっくりに見えたのに、心の勉強を進めるうちに、2人はだんだん似て見えなくなっていきました。

これは陽ちゃんは男性としての、茜は女性としての自分の才能を認めて磨いていくうちに、差別化ができていったのだと、ご本人たちも言っていますし、2人がたくさん努力して変えていったもの・得たものを、私はとても感動的だと思っています。

茜はとても聡明でしっかりしていて優しい女性です。
とても静かでおとなしく見えるのですが、情熱的な夫を支えて余りあるくらい情熱的な人です。

茜に何か任せたら、必ずやり遂げてくれるし、押し付けることなくフォローもしてくれます。
このブログを立ち上げるときも、「サーバーのこれがわからない!」とか「ここをこうしたいのにできない!」と私が騒ぐと、必ず茜がちゃんと調べて助けてくれました。

そして、こんなに夫を愛して、夫から愛されている人も珍しいんじゃないかと思っています。
とても仲良しですが、陽ちゃんが何かボケたときの茜のするどいツッコミが見事です。

「どうやったら彼を理想のパートナーにできるのか?」を尋ねたいなら茜カウンセラーです。

歳の差はフィルター次第

先日、森川夫妻と一緒にいて、「わ・わ・わー、輪が三つ♪っていうコマーシャルソングあったよね?」と言ったら、「…知らない。」と、2人とも目が点になっていました。

そうです。私と歳が近い方はわかるはず。
ミツワ石鹸のコマーシャルです。
多分、森川夫妻が産まれる前のコマーシャルでした。

こんな時にやっと「あ。そういえば歳の差よね(笑)」と思います。
でも、こんなこともとても面白いのです。

時間ほど万人に平等なものはないと思います。
生きていれば、みんな公平に歳をとります。

でも、それをどう感じるか、人生を長いと思うか、短いと思うかも人それぞれ。
他人からどう見えるかではなくて、自分がどう見るか?その人のフィルター次第です。

同じ時代に生きて、出会っただけで、これはかなりの確率のご縁です。
楽しまなくちゃ損と思うのです。

カウンセリングのご案内

小澤昌子のカウンセリングを受けるには?

ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
カウンセリングの詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの日程については「ご予約状況」をご確認ください。

カウンセリングメニューご予約状況