50代でやりたいことを見つける

50代は新しい人生を始めるのにちょうどいい

50歳になると
自分の人生を振り返りたくなったりします。

そして
ああ、もうこんなところまで来てしまった。
もう戻ることもできないのに
今の自分には何もない。

と思ってしまったりします。

50代になると、人生の棚卸をしたくなる

50代になると

子育てもひと段落ついて
場合によっては子供が独立していったり

結婚していても
パートナーにロマンスを感じなくなっていたり

結婚していないと
私は孤独死しちゃうのかな
と悲しくなったり

仕事も先が見えて来て
あと定年まで〇年か~
自分の出世もここまでか、と思ったり

鏡を見ると
シワもシミも増えたなあと思ったり

そんな心細い自分に
親の介護が加わってきたり
仕事の重い責任だけがのしかかってきたり
することもあるかもしれません。

そんなときになぜか人生を振り返りたくなるんですね。

なぜ振り返りたくなるのでしょう?

それは人生のステージが変わってきているからです。

今まで一生懸命走ってきたけれど
人生の折り返し地点で
ふと足を止めて考えるとき

それは、芝居の幕間と似ているかもしれません。

第一幕が終わって
第二幕が始まる前の瞬間みたいなものです。

前半は面白かった!
後半も面白いに違いない!
と思えれば何も問題ないですが

たいがいの方はマイナスポイントを探します。

でもそれは経験のなせる業なんです。

マイナスポイントを探して次に活かそうという
心の経験値から来ている知恵なのです。

でもだからと言って、
後半も面白くないなんて誰が決めたのでしょう?

まだ幕は開いていないのです。

私の50代と転機

私の50代は親の介護で始まりました。

働きながら、両親2人いっぺんの介護で
精神的にも肉体的にも限界かなと何度も思いました。
「死」というものと向き合うことも恐怖でした。

そして結局両親ともに相次いで看取ることになりました。

親との心の関係は
決して自慢できるようなものではなくて
わかりあえなかった悲しみ
帰れる場所を失った気持ちがつのりました。

仕事もうまくいっていなくて
小さな会社でNo.2のポジションだったのですが
経営者との間にどんどん溝が広がっていて
これはもうクビだなと思っていました。

そこへ
最後の恋愛だと思っていた人に
他にも複数の女性がいたことがわかって

これはもう棚卸もなにも
人生おしまいだと思いました。


でもここで私の転機になったこと。

心の勉強を始めたことももちろんなのですが
なんで始めたか?というのが転機です。

「まだもうちょっと
何かできることがあるんじゃないか?」

と感じたことだと思います。

ほんのかすかでも
「まだもうちょっと何か…」
と感じることができれば

それはものすごく大事な、大きな転機になります。


そう感じただけで、可能性がある証拠。

人生の第二幕はそこから始まるのです。

50代で見えてくるもの

第二幕が開いてから
私がずっと心がけていること

そしてカウンセリングで特に50代以上の方に
オススメしていることがあります。

  • 自分の心に正直になること
  • いやだと思うことをやらないこと


職場や家庭でいろいろなものを背負って
いろいろな「人」や「事」のために生きてきて
自分の心に正直になることを
あきらめてきた方は多いです。

苦手な人と無理やり笑顔でつきあったり
自分が食べたくない料理を作ったり
仕事の中でもこれは嫌いということもあるでしょう。

もう充分やってきたのです。
もう充分ではありませんか?

もちろん、
すべてをいっぺんに投げ出してしまったら
社会生活が成り立たなくなってしまうかもしれないけれど

これをどうやったらやらないで済むかな?
と真面目に考えることは

これをどうやって我慢しようか?
と考えるよりもずっと気分が良いです。


50代の知恵をもってすれば
きっとそれは実現できます。

そして人に話してください。
もちろんカウンセラーにでも構いません。

「これはやりたくない。」
「こんなことをしてみたい。」

そこから新しい人や運やご縁と
つながりができていくのです。

そうすると

マイナスポイントではなくて、
自分が持っているもの
これまで身に着けてきたものが
見えてきます。


「何もない」とみなさんおっしゃるのですが
絶対にあります。

50代まで生きてこれたこと。
その経験すべてがあなたの味方です。

大人が楽しまないで、若い人が楽しめるはずがない

私がマイナスポイントから視点を変えられるようになると
いろいろな宝物が見えました。

まず、ここまで生きてこれたこと。
だからこれからもなんとかなると思えたこと。

私は50代で2回も転職したのですが
良きクライアントと上司のおかげで転職でき、
2回目の会社ではやりたいことができて
とても楽しかったです。

50代で心から話し合える友達ができたり
ずっといた友達と離れたり
逆に古い友達と
心から話し合えるようになったりしました。

一緒に介護したことで
弟夫婦と絆ができました。

そして60代。
カウンセラーになって
会社員時代とは全く違った生活をし、
大好きな海辺で暮らしてみたりしています。

楽しいです。

パートナーはまだいないですが
一生いないとは決まっていないですよね?(笑)

歳をとることが嫌なことだと
多くの人が思っているのは
私たちより前の時代の大人が
「楽しい!」と言ってくれなかったから。

戦争の影響や
いろんな時代の背景があったかもしれません。

大人が「楽しい!」と言える社会は
平和で成熟した社会です。

「楽しい!」と言える第二幕を始めるのに
まだ体力があり、まだ時間もある
50代はちょうどいい世代です。

カウンセリングのご案内

小澤昌子のカウンセリングを受けるには?

ブログをご覧くださり、ありがとうございます。
カウンセリングの詳細については「カウンセリングメニュー」を、カウンセリングの日程については「ご予約状況」をご確認ください。

カウンセリングメニューご予約状況